海抜0メートルからの富士登山

富士山はまぎれもなく日本一の山でしょう。海抜は3776メートルです。富士登山を行う場合、途中まで車やバスで行ってから登るというルートが一般的です。


何メートルまで登れる

富士山には現在は五合目まで車で行けます。五合目の海抜は2500メートルですから、登山を行う場合は、およそ1.3キロを登ることになります。これは直線距離ですし、登山道はジグザグですから、さらに長距離を歩くことになります。

0メートルからのぼる

ですが、昔の人は、五合目までは車で行けませんから、下から登っていました。もちろん、江戸から向かう場合もすべて歩きです。駿河湾の海に体をつけてから登るといったことも行われていたようです。文字通り、海抜3776メートルを登るのです。

富士市が推奨

海抜0メートルからの富士登山は、富士山のふもとにある静岡県富士市が「登山ルート3776」として設定しています。これは富士市が設定した場所から、富士山頂までおよそ42キロのルートを歩くものです。そのうち、32キロは一般道路、残る10キロが登山道となっています。登山道よりも、富士山に至るルートの方がはるかに長いのです。推奨日程は3泊4日とされています。それだけの長い道のりということなのでしょう。

「御嶽山噴火から知る火山の定義とは?」の詳細を調べる

    
コメント