海外旅行と抗生物質

日本だと抗生物質は、医療機関にかかりお医者さんの処方箋がなければ入手できません。ですが、海外では処方箋なしで薬局で販売されています。


アンチバイオテック

海外では抗生物質は、英語名であるアンチバイオテックの名前で広く流通しています。ペニシリンなどは安価な値段で出回っています。薬価は現地の物価からすれば高くつきますが、日本人の経済感覚からすれば安いとなるかもしれません。

旅の必需品

抗生物質は、バックパッカー的な貧乏旅行をする場合には必需品といえるかもしれません。旅先で体調を崩した場合などに、抗生物質が役立つことがあります。喉がはれた、頭が痛いといった風邪のような症状はもとより、食べ物や飲み物でお腹を下してしまったという場合の細菌性の下痢などにも抗生物質はよくききます。さらに怪我をした場合の化膿防止にも抗生物質は役立ちます。

日本でももらえる

日本でも抗生物質は処方してもらえます。長期の旅行に行くと伝えれば、それなりの分量を処方してもらえますので、用意しておくと良いでしょう。さらに、日本の製品名だけでなく、抗生物質の成分名も把握しておくと、海外の薬局で購入する際に役立ちます。

「疲労回復成分イミダペプチドってなんだ?」の詳細を調べる

    
コメント