中国で使われる簡体字と繁体字の違いとは?

中国へ旅行せずとも、日本の中にも中国人観光客向けに中国語の案内が記されています。それらの漢字を見ると日本と同じものもあれば、まったく違うものもあります。これは簡体字と呼ばれる現代中国語で使われている表記法です。これまで画数の多かった漢字を簡略的に表記されるようにと、中国本土で用いられてきました。しかし日本人からすると、もとの漢字と似ても似つかないものでもなっているので、読み解くのに苦労します。もとは同じ言葉だったはずなのに、ここまで離れてしまうものかと驚くばかりです。


繁体字はわかる

しかし、古くから使われてきた繁体字は、日本の漢字のルーツとなっているものでもあるので、なんとなく意味が読み取れます。現在、繁体字を用いている場所は、香港と台湾になります。双方の場所へ旅行へ行くと、看板を読むというのも楽しみになるかもしれません。

漢字のコミュニケーションは成り立つか?

さらに中国人とコミュニケーションを取る場合、相手が日本語も英語もわからないという場合には究極の手段として漢字を使うというものあります。しかし、中国本土だと簡体字しかわからないという人も増えてきているので、日本漢字だけでコミュニケーションを取るというのは難しいかもしれません。しかし、ある程度年を行っている人ならば繁体字もわかりますから、話が通じやすいというのはあるかもしれません。

「中国旅行の究極のコミュニケーションとは?」の詳細を調べる

    
コメント