関東大震災の震度は?

日本は地震大国です。過去に何度も巨大地震を経験しています。歴史上で知られる大きな地震といえば、1923年に発生した関東大震災でしょう。この地震の震度はどのくらいだったのでしょうか?


いつ起こった?

関東大震災は1923年、大正12年の9月1日の午前11時58分に発生します。この時間はお昼時であったため、食事の準備で火をたいていました。そこへ大きな揺れが襲ったため、各地で火災が発生し、犠牲者を増やすことになりました。

震度7が広範囲に

関東大震災の震源は相模湾の沖合です。地震の規模を示すマグニチュードは7.9を記録しました。もっとも揺れが激しかった震度7の地域は、千葉県の南部や、神奈川県の湘南地区のあたり、伊豆半島の北部など広範囲にわたります。東京の中心部においても隅田川沿いの三河島や向島などのあたりが激しい揺れを記録しました。さらに東京の全域は震度6の揺れを観測し、埼玉県南部、伊豆半島なども同様の揺れを観測しました。

津波も発生した

さらに地震による津波も発生し、静岡県の熱海市では12メートルにおよぶ巨大津波がおしよせたといわれています。さらに風光明媚な場所として別荘などが立ち並んでいた鎌倉の海岸にも津波が押し寄せたといわれています。

震災復興

もっとも大きな被害を生み出したのは東京の東側でしょう。このあたりは、もともと土壌がやわらかいため激しい揺れを記録しました。さらに工場や住宅などが立ち並んでいたために、倒壊した建物のがれきなどで避難経路がふさがれてしまい、被害を拡大させたといわれています。そのため、震災復興では広い道路の造成が目指されました。現在でも墨田区のあたりを歩くと、道路がとても広いことに気が付きます。これは関東大震災の復興とともに、太平洋戦争時に東京大空襲で大きな被害を出したことを受けたことも影響しています。

「太平洋戦争でアメリカ軍が用いた「ナバホ語」とは?」の詳細を調べる

    
コメント