国内時差24時間だった国

広大な国土を持つ国では、国内で時差があるところも珍しくありません。アメリカ本土は、4つのタイムゾーンに分かれており東西で3時間の時差があります。ロシアなども東西で時差があります。

いずれも時差は数時間程度に収まっています。かつて地球上には24時間の時差がある国が存在しました。


24時間の時差

太平洋のど真ん中に浮かぶキリバスは、国の中を日付変更線が通過していました。当初は律儀に同じ国で2つの時間を採用していましたが、1時間違うだけでは済みません。日付変更線をまたぐだけで1日進んだり、遅れてしまうのです。

これでは国の運営がままならないということで、1995年に、時差の統一を行いました。首都が日付変更線の西側にあったので、東側の島々も、同じ時差に組み入れることになりました。

日付変更線は、国の国境線に沿ってジグザグなラインが引かれています。南太平洋の中で、大きく東にせり出しているラインがありますが、そこがキリバスになります。

キリバスは広い

キリバスの距離は東西に約4500キロ、南北に2500キロという広さがあります。しかし、その広さの中に小さい島々が点在しているのみの国です。

排他的経済水域を多く持っているので、漁業などが盛んなようです。さらに、日付変更線がもっとも東側にせり出しているため、世界で一番日の出が早い場所ともなっています。

「日本からタイへの飛行時間と時差は?」の詳細を調べる

    
コメント