公共図書館の利用基準

公共図書館は、とても便利な施設です。まず何よりもすべて利用料が無料というのが良いですね。行政の市民に対するサービスというのは、なかなか目に見えることが少ないですが、公共図書館はそうしたものの数少ない事例かもしれません。


カードには制限

公共図書館は入館や、新聞雑誌の閲覧、蔵書の閲覧といったことは誰でも無料で行えます。これは日本人に限らず外国人にも適用されます。自治体によっては多国籍言語に対応した資料をそろえるなどサービスを拡充しています。ですが、蔵書の貸出カードを作成する場合には一定の条件があります。

誰でもOK

もっともオープンなのが誰でも利用カードが作成できるものです。その自治体の居住に関係なく作成できるので、とても便利ですね。次にあるのがその自治体に、通勤通学をしているという場合です。社員証や、学生証の提示が求められることがあります。派遣社員やアルバイトだと認められないこともあります。さらにカードの更新時に住所が変わっている場合も同様です。

ある程度基準は広い

公共図書館の利用基準として、その自治体の住人しか使えないということはあまりありません。少なくとも隣接する自治体の居住者はカードを作れることが多いです。

「野坂昭如文体とは?」の詳細を調べる

    
コメント