コンビニのおにぎりはなぜ100円で売られるのか?

このところ、おにぎり100円セールを実施するコンビニが増えています。代表的なものはセブンイレブンでしょうか。150円以下のおにぎりがすべて100円とあって、人気商品です。時間帯によっては棚のおにぎりがすべて売り切れなんて店舗もあるほどです。そもそも、おにぎり100円セールはどのような意図で実施されているのでしょうか? 


買物はおにぎりだけとは限らない

おにぎり100円セールはいわば、スーパーの特売品のような位置づけといえるでしょう。100円ならば、おにぎりを買おうとコンビニに足を運ぶ人もいるだろうという効果が期待されているのです。さらに、おにぎりを食事として食べる場合、おにぎり1個だけという人はまずいません。大体は2つ3つ買うものです。さらに、飲み物や雑誌をついでに買う人もいるでしょう。おにぎり100円にプラスして他の商品を買ってもらうためのセールなのです。

客単価はいくら?

コンビニというのはひとりあたりの客単価は500円程度といわれています。以外にも、少ない金額です。それでも売上の多い店は1日100万円というところもあるほどです。コンビニの売上のためには、とにかく店に足を運んでもらう、複数の商品をついでに買ってもらうということが重要なのです。そのためのおにぎり100円セールなのです。

「タイの通貨「タイバーツ」の種類と使い方」の詳細を調べる

    
コメント