共同通信、時事通信の違い

日本には二大通信社が存在します。それが共同通信と時事通信です。両社ともにニュースを配信しています。この2つの通信社はどのような違いがあるのでしょうか?


形態が違う

一般的に、共同通信の方が時事通信よりも規模が大きいイメージがあります。実際、名前を聞くことが多いのは共同通信の方でしょう。共同通信は全国の新聞社が加盟しています。全国各地には地方紙と呼ばれる新聞社が存在します。地域のニュースを取り上げますが、当然日本全国のニュースや国際情勢なども取り上げます。その場合、地方の小さな新聞社では、外国や東京などの都市部に記者を派遣する余裕はありません。そのため、出資している共同通信社からニュースを買って、紙面を埋めているのです。大事件が起こった時などは、地方紙の一面は同じ写真が掲載されることがあります。これが共同通信社が配信したニュースなのです。

時事通信は?

それでは対する時事通信は、どういった仕事を行っているのでしょうか? 共同通信が加盟新聞社にニュースを配信しているのに対して時事通信は、誰にでもニュースを販売しています。一般人でも時事通信のニュース速報サービスには料金を払えば加盟できます。さらに、魚の値段や野菜の値段、あるいはほかの取引される商品や材料の値段といった専門的なテーマも時事通信が得意とする分野です。一般的なニュースとともに、専門性に特化したデータ、ニュースを配信することで時事通信は利益を出しているのです。

「三面記事はなぜ三面にあるのか?」の詳細を調べる

    
コメント