京都大なぜ変人多い?

京都大学は東京大学とならび、日本を代表する難関国立大学です。京都大学は、変人が多く輩出するといわれています。なぜ、京都大学は変人が多いのでしょうか?


留年率が高い

京都大学は、ほかの学校に比べると留年率が高いといわれています。さらに、勉強をするうちに、ほかの学問に興味を持って、専攻を変える、転部や転化も他の学校に比べて多いようです。結果的にストイックに学問を追い求めていくので、学問以外のものへの興味が失われてしまい、世間とずれてゆく、結果的に変人となっていくというのかもしれません。

男子学生が多い

京都大学は男子学生が多い学校として知られています。文学部でも女子学生の比率は4割くらいしかいません。男ばかりの空間なので、男子校のようなノリが継続されて、変人空間となってしまうという見方もできるでしょう。

校風が自由

京都大学はとにかく自由な校風で知られています。規則でがんじがらめということはありません。何をしてもいいけれども、自分で責任を追わなければいけないという自覚が求められます。毎年受験の時期になると出現すると折田先生の銅像などは、京都大学らしさをあらわすエピソードと言えるのではないでしょうか。

「偏差値の仕組みとは?」の詳細を調べる

    
コメント