ランチビールの捉え方

ランチビールというメニューがあります。文字通りお昼ごはんの場所で用意されているビールメニューです。大体が、グラス一杯くらいのちょっとした量になっています。ジョッキというよりは、ちょこっとビールを飲みたいという人に向けたものでしょう。


なんのためにある?

ランチビールは果たして何のためにあるのか、疑問に思う人は多いのではないでしょうか。まずお酒が飲めるという人にとっては、グラス一杯くらいのビールならば物足りないでしょう。一方でお酒が弱いという人ならばこれくらいの量でも酔ってしまうでしょう。

ちょっとしたアクセント

とりあえず暑いので、お昼間にビールでも飲んで喉に刺激を与えておこう、というのがランチビールの意味なのかもしれません。もしも仕事が終わったならば、そのまま飲んでしまっても良いでしょう。さらに、都心部ならば車で移動することもないですから、アルコールを摂取しても問題ありません。

誰のためにある?

もともと日本の会社員は勤務中に飲むということは良しとされていません。ですが、フランスなどではお昼休みがたっぷりとあり、ワインの1本くらいは飲んでしまうといいますから、日本でもそれくらい、ゆるやかになればいいなという思いを込めて、ランチビールというメニューが用意されたのかもしれません。それでも、ランチビールの量はなんともせせこましく実に日本的だと思えなくもありません。

「ホッピー用語の基礎知識」の詳細を調べる

    
コメント