万引きは犯罪か?

万引きとは、商店などから正当なお金を払わずに商品を盗み取る行為です。まぎれもなく窃盗罪にあたる犯罪行為です。ですが、万引きというフレーズがどこかこの犯罪行為の印象をマイルドにしてしまっているのではないでしょうか?


事情が違う

万引きというのはつい出来心でやってしまったといった印象も生じさせます。例えば、本当にお金がなくて、お腹が減ってしょうがないからおにぎりを盗んでしまった、パンを盗んでしまったという話はまったくないわけではありませんが、きわめて少数派です。大部分の万引きというのは、お金も十分にある人が、万引きという行為のスリルを味わってみたいという動機から行っています。やめようと思ってもやめられないという精神疾患に近いものです。ですから、万引きという言葉を使うのではなく、しっかりと窃盗と言うべきではないでしょうか。

いじめもそうではないか

さらにいじめという言葉も同じことがいえます。いじめ行為に行われているのは傷害罪であり、脅迫罪であり、最終的には殺人罪に至る行為までをふくめます。ライトな印象を持たせてしまう言葉というのは使うべきではないでしょうか。犯罪は犯罪であるということをきちんと認識させるような用語の使用法というものが社会には求められるのです。

「三面記事はなぜ三面にあるのか?」の詳細を調べる

    
コメント