マッチのタバコなぜうまい

タバコを吸う人の中でこだわりの人はマッチを使います。マッチで火をつけたタバコは、ライターで火をつけたタバコよりうまいと言われることがあります。これは本当でしょうか? 同じ火をつけているだけなのですから、同じと思うかもしれません。ですが、両者にははっきりとした違いがあります。


火の温度

マッチの温度はライターの温度に比べて低くなっています。一般的にライターの温度は最高で1000度くらいになります。対するマッチの温度は500度くらいといわれています。つまり倍以上の温度の開きがあるのです。

いぶした方がうまい?

タバコの葉っぱというのは、じっくりといぶして吸っていた方がうまみが出ると言われています。つまり、ライターで火をつけてしまうと、葉っぱが急に燃えてしまうことになり、いがらっぽさが目立ってしまうことになります。一方で、マッチで火をつけたタバコは、じっくりと葉っぱが燃えていくので、味わいが深くなるのです。いわば、燻製の食べ物を作る時のようにじっくりといぶしているような状態と言えばいいでしょうか。

マッチの優位性

ですから、マッチでタバコをつけるという行為は、ちょっと面倒くささもともないますが、タバコを味わう分には妥当性があるものなのです。決してファションアイテムだけというわけではないのです。

「マーケティングのお勉強しよう!」の詳細を調べる

    
コメント