免許証写真映りなぜ悪い?

免許証の写真写りの悪さはよく笑いのネタになるほどです。テレビ番組などでも芸能人の免許証の写真写りの悪さがネタにされることがあります。免許証の写真写りはなぜ悪いのでしょうか?


笑ってはいけない

免許証の写真写りの悪さの原因には、写真撮影時のルールがあげられるでしょう。免許証の写真は、本人かどうかを確認するツールであるため、正確な表情をとらえなければいけません。そのため、帽子をかぶっていたり、髪の毛で顔の一部が隠れてしまっているといった場合は不許可になります。さらに歯を出して笑ってはいけません。どうしても真面目な顔、緊張した顔になってしまうため、写真写りが悪くなってしまうのかもしれません。

カメラのレンズのせい?

さらに免許証の更新に行った人はおわかりでしょうが、免許証というのは多くの人が訪れます。何百人、何千人という人の写真を撮影していくため、いちいちピントを合わせていたらキリがありません。そのためカメラには広角レンズが用いられています。広角レンズは顔がひきのばされたようにうつってしまうため、どうしてものっぺりとした印象を与えてしまうのでしょう。

プロが撮ると違う

プロが撮ると写真写りは全然違うといわれますが、それはプロの腕前はもちろん、カメラの性能も関係しています。免許の更新につかうカメラは、どうしてもブサイクに映ってしまうものといえるのかもしれません。

「モーニング娘。の名前の由来」の詳細を調べる

    
コメント