身内の「親等」の数え方

親戚などの身内の遠さを数える法律用語で「親等」というものがあります。これはしんとうと読みます。民放では「六親等以内の血族と三親等以内の姻族は扶養義務がある」と法律で定められています。この範囲はどこまでを指すものなのでしょうか?


血族と姻族

まず血族と姻族はどのような違いがあるでしょうか。血族とは血のつながりがある人物を指します。実のお父さんやお母さんや兄妹は血族になります。姻族とは婚姻関係により親戚となった関係を言います。実の父親にとって義理の父母となる母方の両親は姻族となります。

血族のカウントの仕方

それでは親等の数え方はどのようになるのでしょうか。血族は家系図を書いてみて、同じ血を持つ人をさかのぼっていくことになります。例えばおばさんやおじさんは、両親と同じ父母を持っています。この場合、実の父が1親等、実の祖父母が2親等になります。そしておばさんやおじさんは3親等ということになります。おばさんやおじさんの子どもはいとこにあたりますが、この人たちは4親等ということになります。そうなると、いとこの直接の孫までが6親等の血族ということになります。けっこう遠い関係まで扶養義務があることになります。

姻族のカウントの仕方

一方で姻族のカウントの仕方は、婚姻関係がある横の関係はカウントしません。本人から見た場合、義理の父母は1親等にカウントされます。義理の両親の子どもである義理の兄姉妹弟などは2親等ということになります。おいやめいは3親等ということになります。こちらはけっこう扶養義務は少ないです。さらに婚姻関係を解消した場合、離婚した場合には扶養義務は消滅します。しかし、死亡した場合は、姻族関係は継続すると解釈されています。

身内をカウントする法律用語の「親等」は、血族の場合は同じ血を持つ人までさかのぼって数え、さらに降ろしてカウントしてゆきます。姻族の場合は、婚姻関係にある両者はカウントせずに、その両親を1親等としてカウントします。

「延命治療の問題点。危篤状態におけるフルコースの延命治療」の詳細を調べる

    
コメント