モールス信号の伝達手段

いまはもうほとんど使われることがありませんが、モールス信号という通信手段があります。モールス信号は、アメリカの発明家であるモールスによって発明されたものです。


長さと短さの組み合わせ

モールス信号はどのような手段によって通信を伝達するかといえば、長い文字コードと、短い文字コードを組み合わせて行います。この長さがわかればいいわけですから、さまざまな手段に応用可能です。もっともポピュラーなのは音でしょう。長い音と短い音を組み合わせることで通信が可能です。

ほかの手段は?

音以外にはどのような通信手段があるでしょうか。次に考えられるものは、光です。ヘリコプターなどから、光によってモールス信号を伝達するといったことも可能です。さらに長さと短さの組み合わせがあればいいわけですから、紙に書いて伝達するといったことも可能です。

言語はどうなる?

モールス信号はさまざまな手段によって通信が可能となります。ならば言語はどうなっているのでしょうか? モールス信号は欧文のアルファベットに対応したものもありますが、和文に対応したものもあります。五十音順ではなく、いろはにほへと、で作られたのは時代を感じさせます。その他、ギリシア文字、キリル文字、アラビア語、ヘブライ語、ペルシャ語、ハングルなど多言語に対応しています。

「自転車の引越し費用を安くするには?」の詳細を調べる

    
コメント