「無勉」とは何か?

インターネット上では「無勉」という言葉を目にすることがあります。これは、読んでの通り、試験などの対策の勉強をしないことを指します。「無勉」で有名大学に受かったといったエピソードが語られることがあります。


「無勉」を選ぶ理由

「無勉」を選ぶ理由はさまざまです。単に勉強がしたくない。あるいはアルバイトや仕事などを持っていて忙しいという人もいるでしょう。さらに夏は暑いから「無勉」で、秋から追い込みをかけるという人もいます。勉強をしないで、有名大学に受かるということは可能なのでしょうか?

「無勉」とポテンシャル

勉強をしなくても、いい大学に受かったという人は、もともと勉強のポテンシャルがある人、勉強のたくわえがある人ということができます。例えば、高校は有名な進学校に通っていて、高度な勉強をしていたので、ある程度の受験勉強のレベルに対応できるというものがあるでしょう。さらに勉強というのは基礎をマスターして、応用へ進むという積み重ねが大事なものです。「無勉」という人は、基礎をマスターしており、あとは応用力、場数力という人もいます。もちろん基礎もできていない人で「無勉」を主張する人もいます。そうした人は、かなり無謀であると言えるでしょう。もちろんインターネットをするよりは勉強をしろ、というのは今も昔も変わらぬツッコミであることには変わりありません。

「インターンも学歴差別? 難関大学生が1年生からインターンシップを始める理由」の詳細を調べる

    
コメント