ハンバーガー、牛丼は昔の方が高い?

アベノミクス効果か、景気は徐々に回復傾向にあるとはいえ、いまだ財布が寂しい人もいるかもしれません。そんな人たちの見方が、ハンバーガーや牛丼といったファーストフードです。時間もかからないため、忙しい人にも向いている食事です。現在ハンバーガーの価格は100円、そして牛丼は300円程度で食べられます。しかし、かつてはこれほど安い食べ物ではありませんでした。


40年前のハンバーガーの値段は?

マクドナルドが日本国内で一号店をオープンしたのは1971年になります。場所は銀座の三越店内でした。現在では郊外や地方などを代表する風景となっているハンバーガーショップは、東京のど真ん中である銀座でスタートしたのです。

当時、ハンバーガーの販売価格は80円。チーズバーガーは100円でした。ほかの物価と比較してみると、瓶ビールが140円、ラーメン一杯が180円、国鉄初乗りが30円という値段です。ハンバーガーひとつの値段としてはけっこう高いのではないでしょうか。

牛丼は500円

牛丼も、1980年代に普及し始めたころは並盛り一杯500円、大盛600円が主流でした。深夜に手軽に食事が取れるということもあって、繁盛したようです。コンビニの普及とも関係しているかもしれません。

物価は年を経るごとに上昇していると思われがちですが、身近な食べ物に目を向けてみると意外な事実が浮かび上がってきます。

「モスバーガーダイエット術」の詳細を調べる

    
コメント