昔のお金そのまま使える?

押し入れをなどを整理していて昔のお金が出てくるということもあるかもしれません。今は流通していないお金ですが、実はそのまま使えます。


どの時代まで使える?

それでは昔のお金はどの時代まで有効なのでしょうか。現在流通しているお金の前に長らく使われていた、夏目漱石の千円札、新渡戸稲造の五千円札などはそのまま使えるとしても、それ以前の聖徳太子の一万円札、五千円札や、伊藤博文の千円札はどうなるのでしょうか。実はこれらのお札は問題なく使えます。さらに驚くべきことに戦前の大正時代のお金もそのまま使えるのです。有効なお金のリストは日本銀行がホームページで公開している「現在有効な銀行券」一覧で確認できます。

どんなものがある?

大正時代のお金にはどんなものがあるでしょうか。武内宿禰の一円札があげられます。サイズも大きなものであり、一円がどれだけ大金であったあったかがわかります。ですが、通貨として使う場合には一円の価値しかありません。今時一円で買えるものはまずないといえるでしょう。ディスカウントストアで、よほどの大安売りをしているものでなければいけないでしょう。状態にもよりますがコインショップに売ってしまったほうが、一円以上の値段がつくことは確実です。もちろんお札だけではなく、昔のコインも問題なく使えます。ただし自動販売機では返されてしまうので注意が必要です。

「三面記事はなぜ三面にあるのか?」の詳細を調べる

    
コメント