昔の雑誌を眺める方法

昔の雑誌を見てみたいけれど、入手する方法がわからないという人におすすめなのが図書館です。


街の公共図書館を使う

街の公共図書館ならば、週刊誌ならば雜誌を3ヶ月程度保存しているところも多くあります。月刊誌だと1年近く保存しているところもあります。近い日時の場合は、利用してみると良いでしょう。

さらに昔の場合

では数十年前の雜誌を見たい。あるいは、ある時期の雜誌をまとめて1年分見たいという場合にどうすればいいでしょうか。

そうした場合におすすめなのが、国会図書館です。国会図書館には日本中で発行されたすべての本が集まっています。ジャンルを問わないので、いわゆるアダルト関係の雜誌や、漫画雑誌などもあります。館内での閲覧に限られまずが多くの雜誌があります。

さらに東京都立多摩中央図書館でも雜誌の保存に力を入れています。

大宅壮一文庫を使う

有料の専門図書館になりますが、八幡山にある大宅壮一文庫も雜誌が充実しています。

すべての記事の内容がデータベース化されているので、記事のタイトルや執筆者などから検索ができます。何か目的があって調べ物をする場合には向いています。

雜誌は貴重

雜誌というのは壊れやすいものでもあるので、ボロボロになってしまった場合は古本市場にもあまり出回りません。

さらに欠番などがあるとさらにその価値は下がってしまいます。昔の雜誌をそろいで持っている場合などは大変貴重なものなので大切にしましょう。

「雑誌の情報収集テクニック」の詳細を調べる

    
コメント