懐かしのMOメディアとは

コンピューターにはさまざまな記憶媒体が現れては消えていきます。その中で、地味ながらも現在も活躍中のメディアがMOでしょう。多くのメディアがあとかたもなく消えていく中で、MOはいまだ存在しています。


MOとはなにか

MOとは光磁気ディスクと呼ばれる記録媒体です。フロッピー型のディスクの中に、CDのディスクが入っており、そこに情報を記録できるものです。MOにはさまざまなメリットがあります。まず何よりも大容量で記録が可能であるという点でしょう。音声や動画データなど、大容量のデータを記録するのに向いています。さらに、繰り返し記録ができるのもMOの特徴です。DVD-RAMなど繰り返し書き込みが可能なものもありますが、あまり普及していません。エラーなどが多く出ることも問題となっているようです。

耐久性にすぐれる

さらにこれがMOの最大のメリットといえるものですがホコリや、衝撃、傷などに強いというものがあります。MOの最大の特徴はこれにつきます。CD-ROMやDVD-ROMなどは大容量のデータを収録できますが、ホコリや衝撃などには弱くデータの破損の危険性があります。実はとても繊細なメディアなのです。しかしMOは少し衝撃が加わったくらいで壊れることはありません。ですから、大容量のデータをひんぱんにやりとりする出版業界などはよく使われていました。現在も、現役で活躍中のメディアであると言えるのです。

「レンタルDVDなぜ安い?」の詳細を調べる

    
コメント