アナウンサーなぜフリーに?

テレビ局のアナウンサーは、テレビ局に所属する会社員です。多くのアナウンサーがある一定の年齢でフリーランスになっています。なぜアナウンサーはフリーになるのでしょうか?


ほかの局に出られる

アナウンサーは言わずもがなテレビ局に勤務する会社員です。そのため、会社の規律に従わなければいけません。さらに、他のテレビ局に出演することもできません。もちろん、ゲスト的な出演をすることはありますが、それは会社に許可をもわらなければいけません。そうした制約を取っ払うためにフリーランスになるのです。

収入があがる

アナウンサーは会社員です。テレビ局の正社員は、若くても年収は1000万を超えるような世界です。ある程度年齢を重ねてゆけばさらに、年収は上昇していくでしょう。しかし、会社員アナウンサーの年収の限界はせいぜい1500万円ほどといわれています。そのため、さらなる年収アップを狙う場合は、フリーランスになるのがてっとり早いのです。

お小遣い稼ぎも?

しかし現在は放送業界も不況です。フリーになったはいいが仕事が無いということも考えられます。しかしフリーランスのアナウンサーは、なにもテレビやラジオだけが仕事の場所ではありません。アナウンサーの喋りの仕事はあらゆる場所で役立ちます。多い仕事が結婚式の司会業でしょう。毎週のように仕事が入るのでこまめにこなしていけばけっこうな収入になります。さらに、ナレーションや、イベントの司会、講演会、CMへの出演などもあるので収入は途絶えることはありません。

女子アナをはじめとするアナウンサーたちはある程度の段階でみなフリーランスになります。これは、会社員としての年収が頭打ちなので、さらなる高収入を求めてフリーになります。テレビへ出演がなくとも、声の仕事は無数にあるので収入は途絶えることがありません。

「内定取り消しをされた、驚愕の理由」の詳細を調べる

    
コメント