猫はなぜかわいいのか?

猫が好きという人は多いでしょう。その理由をあげろといわれれば「かわいいから好き」ということになるかもしれません。しかし猫はなぜかわいいのでしょうか。


赤ちゃんに似ている?

猫というのは手足が短い動物です。その容姿は人間の赤ちゃんに似ていると言われています。さらに大きな目や、小さい顔に比しての大きな耳というのも赤ちゃんの特徴に数えられるでしょう。

猫は赤ちゃんに似ているからこそ、人間が本能的にかわいいと思ってしまうのではないかと言われています。確かに、猫に語りかける時の声や話し方というのは、赤ちゃん言葉に近いものもあります。

人によくなつく

猫は人間によくなつく動物です。家族のような関係を築くこともできます。

さらに一方で気まぐれなところもあります。これも赤ちゃんに似ているといえば似ているかもしれません。さらに、猫はよく眠る動物というのも赤ちゃんに似ています。

猫の歴史は古い

猫はすでに5000年前には古代エジプトペットとして人間に飼われていたといいます。害虫であるネズミを追い払うために、食料を守る役割もあったといいます。日本においても
奈良時代に中国から猫が伝わり、奈良時代や、続く平安時代の貴族の間ではペットとして飼われていたという記録が残っています。

猫のかわいらしさは湯治から変わらないものであったことが想像されます。これからもきっと、猫は永遠にかわいいのでしょう。

「動物に尊敬語使ってない?」の詳細を調べる

    
コメント