男の娘はなぜブームなのか?

現在、男性でありながら女性の格好をする男の娘がブームになりつつあります。これは昔ならば女装とあつかわれていたものです。女装といえば、おじさんがセーラー服を着てといったちょっと危ない趣味という印象があります。しかし「男の娘」は、とても男性には思えないフェミニンな雰囲気を醸しだしています。なぜ男の娘がブームになりつつあるのでしょうか?


草食系男子の延長

ひとつには、ここ10年ほど言われている草食系男子の延長線上に、男の娘があるのではないかということです。草食系男子は、文化系の趣味を好み、恋愛などに淡白といういわれがあります。言うなれば他人よりも自分に興味が強いと言われる人たちです。さらに、自分流を極めるというのも、そこには含まれるでしょう。それが極まっていくと、自分で自分を飾り立てる男の娘にゆきつくのかもしれません。

男性女性の役割の溶け込み

さらに、草食系男子ブームとも相まっているものですが、近年では男性としての役割や女性としての役割というものが強く求められることはなくなりつつあります。例えば、看護婦が看護師と、保母が保育士と改められているように、女性だけの職業や男性だけの職業という境界も無くなりつつあります。その中で、性別の境目も曖昧になりつつあることによって、男の娘というものも生まれているのかもしれません。こうして見ると男の娘ブームというのは時代の必然とも言えるものかもしれません。

「デコアートってかわいいんですよぉ 男をイラっとさせてしまう女の会話特集【3/5】」の詳細を調べる

    
コメント