古本の値札はがしテク

本好きにとって新刊書店だけでなく、古本屋めぐりも楽しみのひとつでしょう。古本は最終ページに鉛筆書きで値段が書かれていることもあれば、値札のシールが貼られていることもあります。


汚さないためには?

意外とやっかいなのが、値札シールのはがし方でしょう。最近では手できれいにはがせるシールも増えてきていますが、そのままはがすと、本が汚れてしまうものもあります。せっかく買った本ですから、きれいな状態を保っておきたいものです。さらに古本は状態によって値段が大きく変わりますから、せっかくレアな本でも、価値がどんどん下がっていってしまいます。古本の値札をきれいにはがすにはどうれば良いでしょうか?

ドライヤーを使う

もっとも良い方法は値札にドライヤーを当てる方法です。ドライヤーで値札に熱を加えることで、糊と本の接着面をやわらかくすることができます。ゆっくりとはがしていけばきれいに取れます。それでもはがれにくい場合には、ドライヤーをさらに当てて行くと良いでしょう。

消しゴムを使う

それでも、糊が本に残っている場合には、消しゴムをかけるとよいでしょう。印刷物によっては、色が落ちてしまうものがありますので、注意が必要です。テクニックとしては消しゴムをかける面積を最小限にとどめて、ネリケシをつくるように消しカスをまとめるようにするとよいでしょう。消しゴムは値札だけでなく、ちょっとした汚れを落とす場合にも役立ちます。

「コミックスの最終巻はレア?」の詳細を調べる

    
コメント