日本語ウィキペディアの普及は?

ウィキペディアは日常生活に欠かせないものとなりつつあります。ちょっとしたことを調べるのに大変に役立つツールです。この日本語のウィキペディアにはどのような歴史があるでしょうか?


最初は低調

日本語のウィキペディアは、2001年頃に発足します。しかし、当初はほとんど知名度はありませんでした。ウィキペディアというのはさまざまな人が編集や執筆に参加することによって広がっていくメディアです。そのため、認知がなされていないメディアが目立つ場所はありませんでした。

普及は2003年くらい

日本語版のウィキペディアの普及がはじまるのは、2003年から、2004年にかけてといわれています。当初は、芸能関係の記事などが多く量産されていきました。いわば政治経済などのハードニュースの素材よりも、ソフトニュース的な素材が多く扱われていたといいます。このオタク的なキーワードが多く取り上げられるのは、日本のネットの特徴ともいえるかもしれません。

爆発的な普及は

その後、2005年頃になると、さらに日本語版ウィキペディアは爆発的に普及するようになります。大学のレポートなどで、ウィキペディアの丸写しなどが問題となったのもこの頃からではないでしょうか。

「ウィキペディア言語ランクは?」の詳細を調べる

    
コメント