日本で一番雨がふる場所は?

日本で一番雨が降る場所はどこでしょうか。日本で一番雨が降る場所は、鹿児島県の屋久島といわれています。この場所には樹齢1000年を超える杉林があることで知られていますが、この背景には豊富な雨が降ることも関係しています。


九州でも降る

さらに宮崎県のえびのも雨が降る地域として知られています。さらに三重県の尾鷲市も雨が多い地域として知られています。これらの地域に共通するものといえば、台風があるでしょう。台風が多く上陸し、しかも勢力を保ったまま上陸するため大量の雨が降る場所であるのでしょう。

湿気もすごい

さらにこれらの場所は雨が降らないにしても、湿気がすごくあります。実際に、夏の旅行などでこれらの場所を訪れると、汗がじっとりと肌にわいてくるのがわかるでしょう。高温多湿というのは、ある種、日本らしい陽気であるといえます。もちろん不快であることには違いないのですが、そうした高温多湿な気候が、植物の発達などをうながし、緑の多い空間を作り出すことになっています。

雨はめぐみに必要?

さらに日本の主食であるお米も、雨がたっぷりと降らなければ成長しません。夏の太陽も大切なのですが、梅雨時に降る雨や湿気というのも、お米の成長には不可欠なものなのです。

「梅雨が明けなかった年がある?」の詳細を調べる

    
コメント