日本人酒飲めない?

日本人は遺伝子的にお酒が飲めない民族といわれています。しかし、日本にはビールのほか日本酒、焼酎、あるいはワインなど、さまざまなお酒が存在します。日本は飲酒文化が広く浸透しているものの、飲めない人もいるという奇妙な国です。


飲める人と飲めない人がいる

日本人は、飲める人と飲めない人が混在している珍しい民族です。まったく飲めない、もしくは少し飲むだけで顔が赤くなり酒に弱いという人を含めると、日本人全体のおよそ半分におよぶともいわれています。一方でいくら飲んでも酔わずに、強いという人もいます。なぜこのようなまばらな現象が起きるのでしょうか。

混成民族

このお酒の飲める、飲めないの分布は、日本人がどのように形成されていったのかという歴史的なテーマが関係しています。日本人というのは、氷河期に北方のシベリアや、現在の中国大陸から渡って来た人間のほか、南方から海を渡ってやって来た人間がまざりあって作られたと言われています。

お酒が飲めない下戸の遺伝子は、モンゴロイドに特有のものとされています。もちろん、その中でもばらつきがあります。お酒が強い遺伝子を持つ人は日本では北海道、東北、九州沖縄あたりに分布していると言われています。確かにこのあたりの人たちはお酒に強い人たちが多いように見えます。

「ホッピー用語の基礎知識」の詳細を調べる

    
コメント