野坂昭如文体とは?

2015年12月に、85歳で亡くなった作家の野坂昭如さんは、作家だけでなく、作詞家、放送作家、など文章に関わる仕事で広く活躍した人として知られています。さらに小説だけでなく、雑文と呼ばれるエッセイや、コラムのたぐいの文章を多く手がけることでも知られていました。さらに、対談なども積極的に行っており、まさに社交の人であったといえます。しかしトレードマークのサングラスは、実はシャイさを隠すためであったといわれています。それはお酒にしても同じことです。気が小さいため、それを大きく見せようとしてサングラスやお酒といったアイテムを身に着けていたのかもしれません。その野坂さんの人柄というべきものは文体にも現れています。


リズムの人

野坂昭如さんの、文体というべきものは、とにかく一文が長いということにつきます。その長い一文を句読点を次々と打っていくことで、展開させてゆきます。さらに、会話文も改行を入れることをせず、ずらずらとかきつらねていきます。そこで読者は、ひとつの流れが途切れることのないような感覚を得ることでしょう。野坂さんの文体というのは、いっけんとっつきにくい奇抜さがあるようでいて、実はかなりぐいぐいと読ませる文体となっているのです。こうした文体がなぜできあがったのかといえば、やはり放送作家や、コピーライターといった「売文業」の仕事の中でつちかわれたものかもしれません。

遅筆早書きの人

野坂さんはとにかく筆が遅い人で知られていました。しかし、それは書きだすまでが長いということにつきます。一度、原稿を書き出せばかなり早いスピードであげたといわれています。それでもある時は、旅館に缶詰になって、編集者が待つ前で、わかるように原稿用紙をバリバリと音を立てていたけれども、実は何もできていなかったという笑い話もあるほどです。編集者を待たせて申し訳ないという気の小ささから来るエピソードなのかもしれません。

「オバマ氏、村上春樹氏も使う心を感動させる技術とは?」の詳細を調べる

    
コメント