オフ会ビジネスってなんだ?

世の中にはさまざまな職業やビジネスがあります。ちょっとした工夫ひとつで、意外と稼げるということもあるかもしれません。そんな、意外な稼ぎ頭ビジネスとしてあるのが「オフ会」です。


オンとオフ

現在はネットが発達しておりオンラインのコミュニケーションが多くなってきました。そのため、直接電話で話したりすることも珍しくなっていますし、ましてや手紙を受け取るといったこともなくなっています。さらに直接会うとなれば、さらに珍しい行為となるのではないでしょうか。オンラインで交流がある人と直接会うことをオフ会と呼ばれるようになりました。

毎日開催で儲ける

オフ会の種類はさまざまです。趣味で集まる人や、職業で集まる人たちなど多種多様です。その中でオフで会うこと自体を目的とするようなオフ会があります。異業種交流会という言葉で言い換えてもいいでしょう。そんなオフ会を毎日開催して儲けている人たちがいます。仕組みとしては、カラオケ店や、大規模な居酒屋のいち部分を専属的に貸しきって、そこで毎日オフ会を開きます。そこへ来た人から、お金を徴収し、一部を自分のふところにいれます。例えば男性の会費が3500円ならば、500円を自分の利益とするのです。毎日20人集めれば、1日につき1万円の収入となります。毎日開催すれば、それだけで30万円の収入となるのです。意外とおいしいビジネスが、オフ会なのです。

「春の上京あるある、私鉄の特急は料金不要?」の詳細を調べる

    
コメント