オリンピックの廃止競技は?

オリンピックにはさまざまな競技があります。中にはすでに廃止された競技も存在します。


綱引き

オリンピックの廃止競技として比較的よく知られているものが綱引きでしょう。運動会などで行うあの綱引きです。1900年のパリオリンピックから、1920年のアントワープオリンピックまでの5大会行われました。綱引き競技は5~6人のチームで行われます。お互いのチームの総体重などが考慮されていました。

芸術競技も?

意外な競技といえるのが芸術競技でしょう。これはスポーツを芸術で表現するというものです。絵画やデッサン、版画、音楽といったものがテーマとなっていました。いまからしてみれば、美術展そのものです。ですが、ある一定のルールの上で体や頭を使って順位を競うという点ではこうした芸術活動もスポーツの一環に含めてもいいのかもしれません。ですが、芸術の価値判断というのは基準があいまいであり、しばしば審査員による恣意的な判定が疑われる事態も生じたため、芸術競技は1948年のロンドンオリンピックを最後に行われていません。とはいっても競技そのものが廃止されたとしても、オリンピックと芸術との関わりはいぜんとして深いものになっています。その後は、オリンピックの開催中に文化プログラムを盛り込むということになっています。

「日本のオリンピックのトリビア」の詳細を調べる

    
コメント