お得なキャンパスメンバーズ

世の中にはさまざまな学割制度がありますが、キャンパスメンバーズ制度はかなりお得であると言えます。キャンパスメンバーズは、国立美術館と学校をつなげる制度として生まれました。


すべて無料

キャンパスメンバーズは、独立行政法人国立美術館に所属する、東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、国立西洋美術館、国立国際美術館、国立新美術館の5つの美術館の常設展が常に無料となっています。何度でも通うことができます。美術館には膨大な数の作品が展示されているので、1日ではすべて回りきれないということもあるでしょう。その点、キャンパスメンバーズならば、毎回無料ですので、少しずつ見るといったこともできます。

映画も無料

さらに国立美術館は、東京国立近代美術館に所属するフィルムセンターも対象となっています。フィルムセンターは東京の京橋にあり、過去の名作映画や、海外の映画祭などが上映されています。これらの映画を見るには1回につき大人510円の料金がかかるのですが、キャンパスメンバーズに加入していればすべて無料となります。映画を年間通して20回見るとすれば1万円分もお得になります。キャンパスメンバーズには、数万円で学籍を取得できる放送大学も含まれていますので、放送大学の学生となり映画を見るというのも一考でしょう。そこから、映画や映像に興味が出てきたならば、それを学んでいくというのもひとつの手かもしれません。

『ディズニーランドの秘密(有馬 哲夫)』の詳細を調べる

    
コメント