ピザとピッツァの違いは?

ピザは、お手軽に食べられておいしいフードです。ピザは、時にピッツァと呼ばれることがあります。これは、どのような違いがあるのでしょうか?


アメリカ式かイタリア式か?

ピザとピッツァの一番大きなものは、アメリカ式か、イタリア式かという違いにあります。ピッツァとはイタリア語で、本家本元のピザであるといえます。イタリアの食べ物としてアメリカに伝わり、アメリカナイズされたものがピザです。つまり、ピザは、アメリカ式のイタリアピザということができるかもしれません。

どう違うのか?

では、ピザとピッツァはどう違うのでしょうか。アメリカ式のピザは、生地にさまざまな具材を乗せて、それをオーブンで焼き上げます。さらに、大きなピザの生地はカットされ、ワンピースごとに売られることもあります。一方、イタリア式のピッツァは、パリパリの薄手の生地を使います。アメリカ式よりは、食感が楽しいものになっています。さらに乗せる具材も、トマトやモッツァレラチーズなどシンプルなものに限られています。具材よりも、生地を楽しむのがイタリア式です。さらにサイズもアメリカ式より小さいものになっており、カットされていません。ナイフとフォークで切り分けながら食べます。

食べ歩きが可能であり、ファーストフードにもなっているアメリカ式ピザとは違い、きちんとしたレストランの食事メニューという感じが強いのがイタリア式ピッツァなのかもしれません。

「100ドル札はアメリカで使えない?」の詳細を調べる

    
コメント