どんな本がプレミアが付く?

本にはさまざまな種類があります。古本屋では100円で売られているような本もあれば、何万円というプレミアム価格で取引される本もあります。もしかしたら自分の本棚に眠っているあの本がとんでもない値段がついているということもあるかもしれません。そもそも、プレミアがつく本はどのようなものがあるでしょうか?


入手困難である

プレミアが付く本は入手困難な本にかぎります。これはジャンルを問いません。例えばタレント本などのサブカルチャー分野の本であっても、発行部数が少ない、キャラクターが変わる前の姿がそのまま記されている本、あるいは水着を卒業(封印)したアイドルのお宝写真などがあてはまります。さらに、小説やノンフィクション作品などは文庫化されていないもの、あるいは文庫化されているもののすでに絶版になっているものなどが当てはまります。

状態がいいもの

プレミアがつくものは状態の良さも影響します。これは本自体がきれいであることはもちろんのこと、付録などがしっかりついている、帯などがついているということも影響します。例えばCD付きの本などは、CDが紛失していることもありますので、残っていればレアという扱いになります。

評価があとから加えられたもの

これは出版時はそれほど人気がなかったものの、あとから評価されて価格があがったというアイテムが当てはまります。時代の先を読む力が求められます。

「行列好きな日本人、その習性を利用して1億円を稼ぐ作家がいる!」の詳細を調べる

    
コメント