レンタルDVDなぜ安い?

レンタルショップなどに行くと、DVDよりもCDの方が高い値段が設定されています。CDの値段は高くても2000~3000円が主流です。一方でDVDも安いものは、500円で買えるものもありますが、やはり、通常の作品は5000円前後と言えるのではないでしょうか。少なくともCDよりも高い値段であると言えるでしょう。


値段が逆転?

しかしレンタルショップの場合、通常はDVDの料金よりも、CDの料金が高めに設定されています。例えばTSUTAYAなどでは、DVDの旧作は100円で貸し出されています。なぜ、DVDのレンタル料金はこれほど安いのでしょうか?

コピーされる前提

レンタルに使われる、CDやDVDなどは著作権の保護がかけられています。CDをレンタルしたユーザーは当然、コピーを行います。そのため、CDの権利者が失う利益が、上乗せされた値段が設定されています。3000円のCDを、レンタルショップが購入し、レンタルをはじめる場合は、あらかじめ上乗せされた値段を払うことになります。一方の、DVDは、コピーされるという前提に立っていません。もちろん、専用のツールなどを使えばコピーは可能ですが、コピーガードなどが基本的にかけられているため、鑑賞のみという建前があるのです。そのため、CDとDVDのレンタル料金が逆転するという現象が起きているのです。

「TSUTAYA図書館は便利か?」の詳細を調べる

    
コメント