昭和31年の10円玉存在しない?

10円硬貨は、1952(昭和27)年から製造が開始され、現在まで出回っている硬貨です。素材は青銅です。10円玉とも呼ばれています。この硬貨は、1956(昭和31)年度には製造されていません。10円硬貨の製造がはじまってまもなくという年ですが、なぜ、製造が行われなかったのでしょうか。


ギザ10の時代

10円硬貨は、製造開始年から1959(昭和34)年までに製造されたものには、フチにギザギザがついています。通称ギザ10という言葉で呼ばれています。なぜ、フチにギザギザがついていたのかといえば、当時、コインのフチを削りとって転売する行為が行われていたためです。チリもつもれば山となるではありませんが、それなりの値段で買い取ってもらえたのでしょう。

朝鮮戦争説

そんなギザ10が発行された時代において、1956(昭和31)年度に10円硬貨が発行されなかった理由はなんでしょうか。諸説あるのですが一説としては、朝鮮戦争が関係しているといわれています。1955(昭和30)年に発生した朝鮮戦争は、日本に経済特需をもたらします。そこで10円硬貨の成分となった青銅も武器や弾薬製造に用いられたため、貨幣製造分まで調達できなかったという説があります。実際のところはどうであるかわかりませんが、それほどまでに金属の需要があったのかもしれません。

『タイの通貨「タイバーツ」の種類と使い方』の詳細を調べる

    
コメント