埼京線いつできた?

首都圏の通勤路線のひとつとして知られる埼京線は、埼玉県の大宮に端を発し、赤羽、池袋を通って新宿、渋谷と東京の主要都市を結びます。さらに、恵比寿、大崎を経て、東京臨海高速鉄道のりんかい線を通って新木場まで直通運転を行っています。東京の古い繁華街から、新しく開発された湾岸部までを一直線に結ぶ路線です。さらに大宮から先の川越線へ直通する列車もあります。この路線は紆余曲折があってできあがりました。


赤羽線にはじまる

現在の埼京線のもととなる路線ができあがったのは昭和60(1985)年のことです。その翌年には新宿まで開業します。さらに、恵比寿駅まで延伸するのは平成8(1996)年のことです。りんかい線への直通運転開始は2002(平成14)年ですから、つい最近のことになります。もともとは、池袋と赤羽の間は、赤羽線と呼ばれていました。赤羽から先の戸田などは、東京に近い場所にありながら、鉄道の公共交通機関がないといういわば陸の孤島といわれる場所だったのです。

なぜできた?

埼京線の埼玉県部分の延伸区間はなぜできたのでしょうか。これは、東北、上越新幹線を新宿へ延伸するための見返りとして建設されました。新幹線は通るのに駅がないとなれば、騒音問題などを被るだけなので、住民の強い反対運動が起こりました。そのため、沿線に路線を建設するということになったのです。新幹線の延伸はいまだ実現していませんが、埼京線沿線には新幹線用の用地がいまだに存在します。

「旅行・お出かけ情報」の詳細を調べる

    
コメント