酒とネットの関係

インターネットは、生活のあらゆる場所に普及しています。電車の中での移動時間などにニュースをチェックするという人もいるでしょう。場合によってはお酒を飲みながらネットをするという場合もあるかもしれません。ですが、その時々によってはお酒とネットの相性というのは悪いものだったりします。どういう場合が該当するでしょうか。


SNSと酒

SNSとお酒の相性というのはあまりいいとはいえません。酔っているとつい本音が出てしまったりすることがあります。これがネットのSNSを通すことによって拡声器のように言葉が拡散してしまいます。一度ネットに発信された言葉というのは一生残ってしまうものですから、発言に気をつけなければいけません。ましてや発信者が有名人であったり、政治家であったりするのはもちろん、どこかの学校や会社に属している人ならば、その組織を代表するような言葉、象徴するような言葉としてとらえられてしまいます。余計なうっかり発言をしないためにも、酔っ払ってのSNS利用はひかえるべきでしょう。

ネット通販と酒

ネット通販というのはクリックひとつでいろんなものが買えて、数日後、場合によっては翌日には商品が届く便利なシステムです。その分、つい買いすぎてしまうというのがネット通販の特徴であるといえるでしょう。もちろん、衝動買いの楽しみというのもありますから一概に否定されるべきものではありませんが、ネット通販とお酒の相性もいまいちど考えてみたいものです。

「ホッピー用語の基礎知識」の詳細を調べる

    
コメント