政治家はなぜ先生と呼ばれる?

世の中には先生と呼ばれる職業がいくつかあります。もっともわかりやすいのは、学校や塾などの先生でしょう。さらに医者も先生と呼ばれます。漫画家や小説家なども先生と呼ばれます。弁護士や税理士など専門職についている人間も先生と呼ばれることがあります。これらの職業は、先生と呼ばれる人間と、呼ぶ人間が対照的な関係にあることがあげられます。どちらかが圧倒的に知識情報を持っていて、教えを乞うという関係が成り立ちます。


政治家だけはなぜ?

先生と呼ばれる職業はもうひとつ政治家があります。政治家はなぜ先生と呼ばれるのでしょうか? 特定の人の下について勉強をするという構図はあるでしょう。しかし、政治家の秘書は給料をもらっているので、上司と部下という関係です。さらに、有権者と政治家は関係は対照的であってはいけないでしょう。政治家はなぜ先生と呼ばれるのでしょうか?

昔の名残

政治家が先生と呼ばれる理由は明治時代に端を発すると言われています。明治時代に入り、日本が近代化を成し遂げると、議会制民主主義が始まります。地方選出の議員が東京へやって来て議会へ参加するようになります。その際、地元の若い人間を呼び寄せて、身の回りの世話をさせたり、学校に通わせる、あるいは勉強をその場で教えるなどして世話をすることがありました。いわば学校の先生のような役割を政治家が担っていた時代があるのです。そのため、政治家は先生と呼ばれるようになったと言われています。

「食べても食べても太らない食べかた(土井 里紗)」の詳細を調べる

    
コメント