潜水士免許は筆記のみ?

潜水士という資格があります。海や川の中にもぐって作業をする人間には必須の資格となっています。さらにこれはレジャー目的での潜水にも適用されます。スキューバダイビングのインストラクターになるにも潜水士の免許が必要です。


徹底していない?

ですがスキューバダイビングのインストラクターの中には実は無資格で潜水指導を行っている者もいるとして問題視されています。ですが、潜水士というのは名前は立派でも、実はそれほど難しい試験ではないといわれています。

筆記のみ

なんと潜水士は国家資格でありながら、試験科目は筆記試験のみです。実技試験はないのです。海や川の中にもぐるのですから当然技術的な側面を見るべきではないかと思うのですが現状ではそうなっていません。潜水士の試験の合格率は80%前後といわれていますから決して難しい試験ではないでしょう。

経験値の逆転

実際のところ潜水士の免許保有者よりも、日常的に海にもぐっているスキューバダイビングのインストラクターの方が経験が豊富といった矛盾が生じています。有資格者よりも無資格者の方が技術も経験も豊富という現状はやはりおかしいと思いますので、なんらかの改革措置が必要になるのではないでしょうか。

「昔の新幹線はのんびり?」の詳細を調べる

    
コメント