進研ゼミ漫画あるある

進研ゼミといえば、どこからか個人情報が把握されて、学年が変わるタイミングにダイレクトメールが送られてくることで知られています。ダイレクトメールの内容が、ただのパンフレットではなく、マンガ形式であることもよく覚えている人はいるのでしょうか。今回はそんな進研ゼミの漫画あるあるを思い出してみましょう。


急に成績がよくなる

まず、進研ゼミを取るための宣伝漫画なので、進研ゼミをはじめることで急に成績がよくなります。理由としては進研ゼミの教材が要点がきちんとまとめられているので勉強しやすいという点があげられるでしょう。

テストに同じ問題が出る

赤ペン先生でおなじみの進研ゼミは、通信添削がウリです。問題を説いて、それを復讐して反復していくものです。これは模擬試験のようなものでしょう。実際のテストで同じ問題が出て、対策がバッチリというものも、進研ゼミ漫画あるあるでしょう。

部活との両立

塾へ行きたいけれども、なかなかその時間がないという人が選ぶのが進研ゼミです。一日のわずかな時間でも勉強ができて、なおかつ要点も絞られているので、整理しやすい。つまり部活との両立がしっかりとできるのも進研ゼミのウリでした。

「インターンも学歴差別? 難関大学生が1年生からインターンシップを始める理由」の詳細を調べる

    
コメント