サインの歴史とは?

有名人などにサインを求めることがあります。このサインにはどのような歴史があるのでしょうか?


海外では印鑑の代わり

日本では何か重要な契約事や、許可許諾などを示すものとしてハンコが使われます。どこでも手に入る認印から、役所に提出して公的な証明となる実印までさまざまなタイプの印鑑があります。しかし、西洋では、印鑑の代わりにサインが使われます。サインはその人の印鑑と同じものとされます。そのため、容易に真似されるようなものであってはいけません。そこで、自分だけのクセを強調するようなものに仕上がっているのです。よく著名人のサインはオリジナリティがあふれるものになっていますが、それにはこうしたサインの歴史というものも関係しているのかもしれません。もっとも、有名人のサインは、まわりにいる付き人が書いているといった都市伝説もあります。

漢字は難しい

さらに日本人をはじめとする漢字文化圏にいる者たちは、サインは漢字で書くことになります。クレジットカードの裏面に記すサインは、クレジットカードで会計をした時にレシートにサインするものと基本的には同じでなければいけません。ここを漢字に設定していると、万が一悪用されることがあっても、漢字がわからない場合は容易に真似できないというメリットもあります。サインひとつとってみても、さまざまな文化的背景が影響してくるのだと知らされます。

「出産前の「おしるし(少量の出血)」があったときの対処法」の詳細を調べる

    
コメント