お厚いのがお好き?あ、、、、胸板のお話です。

大人になると運動する機会が目に見えて減ります。学生時代のような部活やサークルがなくなり、ここ1ヶ月全く運動していない、ということもしょっちゅう。身体を動かすのが面倒に感じるようになることもあります。そのような中、多くのビジネスマン、特に経営者は意識して運動をしています。なぜ彼らは運動をするのでしょうか。もちろん、健康のためでもありますが、それだけではないはずです。今回は、ビジネススキルと身体を動かすことの関係性を考えます。


■筋肉はビジネススキル

仕事は身体が資本とも言ったもので、社会人に限らず全ての人にとって身体は大切なものです。体調が優れなかったり、身体の何処かに不調があると気分も落ち込んでしまい、いいことはありません。毎日を気持ちよく過ごすためにはメンタルだけでなく、身体のメンテナンスも大事になってきます。ビジネスの場では「太っている=自己管理が出来ていない」と見なされることもあるので、体調だけでなく体型の管理にも注意が必要です。

■ビジネスとトレーニングは一緒

何のために仕事をするのか、これを見失っていると仕事に熱が入らないどころか仕事に嫌気すらさしてきてしまいます。トレーニングも一緒で、目的がはっきりしていないと途中で心が折れてしまうこともしばしば。異性にモテたい、標準体重まで落としたい、などなど具体的な目標を立てることが継続の秘訣です。また、運動のフローを作るなどの仕組み化を行うことで無駄を省くことができます。苦労は最小限、効果は最大限が理想とされている点でビジネスとトレーニングは一緒だと言えるでしょう。

皆さんの周りにも最近、ジムに通い始めた方は増えているのではないでしょうか。もちろん、彼ら彼女ら全員が、高い意識や素晴らしい目的を持ってジムに通っているわけではありません。一流のビジネスマンもジムに入った理由はモテたいからということで入る人も多いそうです。楽しく運動する、毎日を充実させるため、とりあえずジムに通うところから始めてみてはいかがでしょうか。

「仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか」の詳細を調べる

    
コメント