スピーチの分量の理想は?

スピーチをまかされた時に、こまるのは何をしゃべるかということではないでしょうか。さらに、分量も気になります。しゃべるのが苦手という人は、しゃべっているうちにしどろもどろになってしまい、何をいいたいのかまったくわからないということになってしまいがちです。


読み原稿を用意する

そうした事態を防ぐためには読み原稿を用意すると良いでしょう。読み原稿は、しゃべる内容を箇条書きにするのではなく、きちんと話し言葉で書くことが重要です。それを実際に声に出して読んでみて、つっかえるところや言いにくいところなどをピックアップして、その都度、言い回しなどを変えていくことによって、良い原稿になっていくでしょう。

分量はどのくらいが理想?

次に気をつけるのは分量です。しゃべっているうちに、あっという間に時間が来てしまうということがよくあります。特に会社でのプレゼンや、大学のゼミナールの発表などは時間が設定されているものもありますので、その中で話し終えなければいけません。そのためには分量を意識する必要があるでしょう。

一分四百文字

一分間にしゃべることのできる文字数はおよそ400文字といわれています。原稿用紙一枚分です。これは意外と少ないと思うかもしれません。さらに、この文字量はプロのアナウンサーがしゃべってちょうどよい分量です。つまり、しゃべることになれていない人が、一分間で400文字を、きちんと伝えることはかなり高等テクニックであるといえます。しゃべることになれていない人は、一分間で300文字から、350文字くらいを意識してしゃべるようにすると良いでしょう。自分が思っているよりも、ゆっくりめにしゃべるくらいがちょうど良いといえます。もちろんこれより少ない分量になってしまうと、あまりにもスローになってしまうので、適度な分量を確保するようにすると良いでしょう。

「なぜ佐々木希より壇蜜がモテるのか? 美人過ぎるとモテない理由」の詳細を調べる

    
コメント