水道水が飲める国

水道の水がそのまま飲める、というのは日本では常識かもしれません。しかし、海外において水は、基本的にペットボトルに詰められたミネラルウォーターを買うことが常識となっています。水道水をそのまま飲むと雑菌などが混入しており、お腹を下してしまうことがあります。せっかくの海外旅行の予定が台無しということにもなりかねません。


日本以外はどこ?

世界中で水道水がそのまま飲める国というのはわずか15カ国しかありません。日本以外の国はどこになるでしょうか?

ヨーロッパではフィンランド、ドイツ、アイスランド、スイス、アイルランド、オーストリア、スロベニア、クロアチアの8カ国です。

さらにアジアとオセアニアでは日本と、UAE(アラブ首長国連邦)とニュージーランド、オーストラリアの4カ国しかありません。UAEは、砂漠しかない国なので水資源は不足しています。しかし石油が出るため、お金持ちの国となっており、海水を浄化して水道水にしています。そのため、飲める水が作れているのかもしれません。

残る3カ国はといえば南アフリカとレソトとモザンビークです。これらの国はアフリカ大陸の南端に位置しています。しかし、これらの国は貧富の差が激しく、水道が全国で整備されているわけではありません。すべての水道水が飲めるというわけではないでしょう。

「水代わりのビールは危険?」の詳細を調べる

    
コメント