水道水飲む派?飲まない派?

日本は水道水がそのまま飲める数少ない国のひとつです。日本のインフラ水準の高さがうかがえます。しかし、最近ではミネラルウォーターや、ウォーターサーバーが普及しつつあります。水道水をそのまま飲む人はあまり見なくなってきました。


飲まない側の理屈

水道水を飲まない人の主張は、おおまかにいって「おいしくない」というものです。水道水は、消毒がなされているので、塩素の匂いがきついというところもあります。さらに、水道水は、水道管を通って配給されています。そのため、水道管が錆び付いていたり、腐敗していたりすると、雑菌が紛れ込んでしまう可能性もあります。安全対策と味のクオリティを求めて水道水を飲まないといえるでしょう。

飲む側の論理

一方で、水道水を飲む側はどのような主張があるでしょうか。まず、ミネラルウォーターは高いというものがあるでしょう。コンビニで買えば、500ミリリットルのペットボトルが100円です。さらに、どんなに安くても2リットルのペットボトルが100円です。さらにこれ以上の量になると、持ち運びなどが重いです。そのまま飲めるのだから、飲むという論理でしょう。

硬水に注意

しかし、水道水はところ変われば違うものがあります。キャンプなどで山の中の施設へ行った場合、そこで使われている水は硬水だったりします。硬水はなれない人が飲むとお腹を壊しやすいので注意が必要です。水に慣れろ、というのはまんざらでもない言葉なのです。

「海外旅行のお茶は甘ったるい?」の詳細を調べる

    
コメント