スイカは野菜か果物か?

夏の名物食材といえばスイカでしょう。冷えたスイカを食べるのはおいしいものです。ところでスイカというのは、畑に植えて、つるが生えて、それが大きな玉となります。さらに熟していないスイカは、ウリのような味がしておいしくありません。実はスイカはきゅうりやウリの仲間です。では野菜という見方もできるかもしれません。スイカは野菜なのでしょうか、果物なのでしょうか? この永遠の疑問を考えてみましょう。


生物的には野菜

実は果物といわれるものは、生物学的にはすべて野菜であり植物です。現在フルーツと呼ばれているもの、例えばりんごだったりバナナだったりメロンだったりといったものは、かつての日本には存在しませんでした。すべて外国から輸入された植物だったのです。それらが甘いものだったので、それらが「果物」「フルーツ」と呼ばれるようになったのです。そのため、スイカは甘いため、野菜でありながら「果物」の中にくくられるようになったのです。

くくりを整理する

ややこしいのでくくりを整理してみましょう。大きな枠組みとして植物があり、さらに畑などに植えて育てて食用に適するものが野菜とされます。さらに、その中で、甘いものが果物といわれることになります。つまり、果物は広い意味で野菜の一ジャンルに含まれるものだと言えるでしょう。実は野菜と果物のジャンル分けというのはあいまいというのが実情なのです。

「TV番組の視聴率1%は100万人に相当するの? 視聴率の都市伝説」の詳細を調べる

    
コメント