週刊誌の分業スタイルとは?

出版における雑誌作りの仕事というのはとても多岐にわたります。企画立案から、取材、記事執筆、入稿というのがひと通りの流れになりますが、さらに細かい仕事も多く存在します。中でも週刊誌というのは、毎週ごとに企画を立てて誌面を作っていくので分業制が取られています。


データーマンとアンカーマン

雑誌作りの仕事というのは多岐にわたります。限られた時間の中で誌面を作る必要のある週刊誌では分業制が取られています。週刊誌において大きく分けられる仕事はデーターマントアンカーマンになります。男性を意味するマンというフレーズがついているのは、コンプライアンス的にどうなのかという疑問も生じますが、週刊誌記者というのは圧倒的に男性が多くを占めます。それだけハードな仕事ということなのかもしれません。

データーマンは文字通り、データを集めてくる仕事を行います。よく週刊誌の記事中には、有識者のコメントが多く掲載されていることがあります。場合によっては何人もの人が話をしているというのもあります。これを記事を書く人が、すべてコメントを集めていくということになると大変な作業になります。そこでコメントを取りに行く人がいるのです。さらに、コメント取りだけでなく、図書館や資料館での資料集めなどもデーターマンの仕事になります。

一方でデーターマンが集めてきた情報をとりまとめて一つの記事を作り上げるのがアンカーマンの仕事になります。リレー競技などで最後に走る人間をアンカーと呼びますが、週刊誌のアンカーも最後に記事を仕上げる仕事になります。アンカーの味付け次第で記事の良し悪しが決まります。ゆえにアンカーマンはベテランの週刊誌記者が担当することになります。

雑誌作りには多くの作業がともないます。特に週刊誌の作業はデーターマンとアンカーマンに分けられます。データーマンは情報を集めてくる仕事であり、アンカーマンはデーターマンの作業を取りまとめる仕事です。ゆえに、データーマンは週刊誌記者の入門編、アンカーマンはベテランの記者担当とされることが多いのです。

「斜陽出版の「Webでできない」マーケティングとは」の詳細を調べる

    
コメント