単行本と文庫本の違いとは?

ベストセラーの単行本が出た場合、料金が高い時は文庫になるまで待つという人もいます。文庫化がなされる時間はかつては3年が目安といわれていました。しかし現在ではそのタームはどんどん短くなっています。場合によっては1年も経たずに文庫本が出るという場合もあります。


文庫本のメリット

単行本は文庫本にくらべてコンパクトな作りになっています。そのため省スペースで済みます。さらに文庫本というのはデザインが統一されているので、整理もしやすくなっています。神経質な人にとっては本棚に違うサイズの本が並んでいるというのはどこか気分が悪いものでもあるのではないでしょうか。しかし文庫本ならば少なくとも会社ごとにサイズは決まっています。さらに最近では作家ごとに違う色の背表紙を用意するレーベルもあります。そうなると本棚にずらりと並べた時に映えるというメリットもあるでしょう。

解説やボーナストラックなども

さらに文庫本には解説がついています。大体は、著者にゆかりのある人物が書いていることになりますので、思わぬ新エピソードが書かれていたりするので読む楽しみがあります。さらに、追加で書き加えられたボーナストラックがついているものもありますので見逃せません。ミステリーなどのジャンルの場合は、作家によっては結末を書き換えるという人もいるそうなので、ファンは単行本ならずとも文庫本を要チェックする必要があります。

「寺門ジモンへの編集部のツッコミがおもしろすぎる」の詳細を調べる

    
コメント