たぬきそば東西の違い?

関東地方、特に東京の人間にとってはたぬきそばといえば、揚げ玉を入れたものと決まっています。ですが、ところかわれば、たぬきそばの内容も変わります。


東西で違う

たぬきそばの大きな違いといえば、関東と関西があげられるでしょう。関西では、たぬきそばといえば、油揚げを乗せたものをいいます。これは、関東ではきつねそばとなるものです。カップうどんでも「赤いきつね」はお揚げが乗っており「緑のたぬき」にはかき揚げがのっています。

北海道ではかきあげ

「緑のたぬき」にならったわけではありませんが、北海道ではかき揚げを乗せたそばを、たぬきそばと称します。これは、関東とも違うものでしょう。

関西でのたぬきときつね?

非常にややこしいですが、関西におけるたぬきときつねの違いはどうなっているのでしょうか? 関西でも、油揚げをきつねと称します。ですが、これはうどんに限ったことです。同じ油揚げをのせたそばをたぬきと称します。関東の場合は、揚げ玉を乗せたものはうどんでもそばでもたぬきと言いますが、関西ではそばとうどんでわかれているのです。非常にややこしいので、注文時にとどまってしまうといったことはあるでしょう。同じ日本でもあっても食べ物ひとつとってもまるで異なるということがあるのです。

「ハンバーガー、牛丼は昔の方が高い?」の詳細を調べる

    
コメント