知恵熱の誤用

知恵熱という言葉があります。この言葉の正確な意味は、生後半年から一年くらいの幼児に見られる突発性の発熱のことをいいます。


なぜ知恵熱

この年ごろの子どもは、ちょうど知恵が付き始めるころなので、知恵熱と呼ばれます。さらに生まれたばかりの赤ちゃんというのはあらかじめ免疫力がそなわっています。母親の母乳からも免疫をもらっています。そのため、ウイルスなどにもかからないのですが、半年を過ぎた頃から、病原菌に感染しやすくなるため、発熱をすることがあるのです。それを知恵熱と呼ぶのが本来の正しい使い方です。ですが、知恵熱という言葉はひとり歩きしてしまい、どこか誤用されているようなところがあるのも確かです。

勉強のしすぎ?

ですが知恵熱というのは、大人であっても、勉強のしすぎや、あるいは頭を使ってなにか物事を考えた時に、熱が出ることを知恵熱ということがあります。ですがこれは誤用です。大人になっても、風邪をひいたわけでもないですし、あるいは炎天下の下にいるわけでもないのだけれども、突然熱っぽくなってしまうという人がいます。これは知恵熱ではなく、ストレスなどに起因する心因性の発熱だといわれています。この場合はまずはゆっくりと休むという、基本的な対処療法が有効です。さらに睡眠を多く取るということも有効です。このあたりは普通の風邪とも同じような対策であるということもいえるでしょう。

「やぶ医者のやぶって?」の詳細を調べる

    
コメント